The Legends
~伝説となった者達~

Hulk Hogan

ハルク・ホーガン

 

 

Ultimate Warrior

アルティメット・
ウォリアー

 

 

Bret 
'The Hitman' Hart

ブレット・ザ・
ヒットマン・ハート

 

 

'Machoman' 
Randy Savege

マッチョマン
ランディ・サベージ

 

 

Rowdy Roddy Piper

ラウディ・ロディ・
パイパー

 

 

Terry Funk

テリー・ファンク

 

 

Bob Backlund

ボブ・バックランド

 

 

Sid Vicious

シッド・ヴィシャス

 

 

Vader

ベイダー

 

 

Sting

スティング

WCWの顔とも言うべき存在で、80年代に新人だった頃UWFでアルティメット・ウォリアーと共にブレイドランナーズのフラッシュ&ロックとしてタッグを組んでいたことは有名だが、それ以前にフリーダムファイターズのフラッシュ&ジャスティスだったり後からパワーチームUSAに改名したりしたことはあまり知られていない。後にスティーブ・ボーダン(フラッシュ)はスティングとしてWCW、ジム・ヘルウィグ(ロック)はアルティメット・ウォリアーとしてWWFでそれぞれ別の道を歩みその場で大スターとなる。そもそもスティングは初めウォリアーの短髪バージョンのようなキャラ(ただし性格は軽い)だったが96年にnWoに『殺害』され、WWFのアンダーテイカーのごとく、映画のクロウを元ネタにしたキャラとなって蘇った。実はWWF/WWEでは一度もリングに上がったことがないが、今やNWAやWCWの映像の版権はすべてWWEの手に・・・。

 

'Super Fly'
Jimmy Snuka

スーパーフライ
ジミー・スヌカ

 

 

Jake 'the Snake'
Roberts

ジェイク・ザ・スネイク
ロバーツ

 

 

Dynamite Kid

ダイナマイト・キッド

 Tom Billington

 

Jesse 'the Body'
Ventura

ジェシー・ザ・ボディ
ヴェンチュラ

スーパースタービリー・グラムのギミックの後継者と言われており、引退後は初の『ヒール』コメンテイターとして80年代後半のPPVなどの解説はほとんど彼がこなしている。86年には友人アーノルド・シュワルツネッガーのコネで映画『プレデター』への出演も果し、90年にはミネソタ州ブルックリンパークの市長に指名される。その後も3年間ほどWCWでも解説者として活躍し、ラジオのスポーツ番組もこなすが、98年にはとうとうミネソタ州知事にまで上り詰めた。サマースラム99ではストーンコールド対トリプルH対マンカインドのトリプルスレットマッチでスペシャルレフェリーとして登場し、2004年のレッスルマニア20ではホール・オブ・フェイム入りを果す。
(ちなみにカプコンのゲーム、ファイナルファイトに登場する『元プロレスラーの市長』マイク・ハガーは彼がモデルでもある)

 

Larry Zbyszko

ラリー・ズビスコ

 

 

Paul Orndorff

ポール・オーンドルフ

 

 

Rocky Johnson

ロッキー・ジョンソン

 ザ・ロックの父親

 

'Superstar' 
Billy Graham

スーパースター・
ビリー・グラム

 

 

Harley Race

ハーリー・レイス

 

 

Earnie Ladd

アーニー・ラッド

 

 

Lou Albano

ロウ・アルバノ

 

 

Ivan Putski

イヴァン・パッツキー

 

 

Pedro Morales

ペドロ・モラレス

 

 

Bruno Sammartino

ブルーノ・サンマルチノ

 

 

Arnold Skaaland

アーノルド・スカーランド

 

 

Mad Dog Vachon

マッドドッグ・バション

 

 

Valient Brothers

ヴァリアント・ブラザーズ

 ハンサムジミー・ヴァリアント&ジェントルマンジェリー・ヴァリアント

 

Cheif Jay Strongbow

チーフ・ジェイ
ストロングボウ

 

 

Ken Patera

ケン・パテラ

 

 

Jose Lothario

ホセ・ロサリオ

HBKショーン・マイケルズの師匠。愛弟子がレッスルマニア12で王者ブレット・ハートと60分アイアンマン・マッチに挑戦することになった時、一時期マネージャーとして決戦に向けて再特訓を施した。

 

Dominic DeNucci

ドミニック・デヌーチ

 ミック・フォーリーやシェイン・ダグラスの師匠。

 

Antonino Rocca

アントニオ・ロッカ

 

 

Killer Kowalski

キラー・コワルスキー

本名 Wladek Kowalski (上の名前読めません・・・多分ロシア系)。 ルー・テーズの弟子で、トリプルHやチャイナ、ペリー・サターンの師匠でもある。50年代~70年代にかけてNWAやWWWFで活躍し、96年にホール・オブ・フェイム入り。トリプルHがハンター・ハースト・ヘルムズリーとしてWWFデビューして間もない頃、着用していたローブは師コワルスキーから授かった物らしい。

 

The Deceased
~その思い出は永久に~

Peter Maivia

ピーター・メイビア

 82年6月13日(享年47歳)

 

Vince McMahon Sr

ヴィンス・マクマホン・Sr

 84年5月17日(享年69歳)

 

Haystacks Calhoun

ヘイスタック・カルホーン

 89年12月7日(享年55歳)

 

Buddy Rogers

バディ・ロジャーズ

 Herman Rohde, 92年6月26日(享年71歳)

 

Andre the Giant

アンドレ・ザ・
ジャイアント

 Andre Rene Rousimoff、93年1月27日(享年46歳)

 

Texas Tornado

テキサス・トルネード

ケリー・フォン・エリック、93年2月18日(享年33歳)

 

Dino Bravo

ディノ・ブラヴォー

 アドルフォ・ブレシアノ(Adolfo Bresciano)、94年3月11日(享年44歳)

 

Big John Studd

ビッグ・ジョン・スタッド

 ジョン・ウィリアム・ミントン(John William Minton)、95年3月3日(享年46歳)

 

Brian Pillman

ブライアン・ピルマン

 97年10月5日(享年35歳)

 

Bobo Brazil

ボボ・ブラジル

 ヒューストン・ハリス(Houston Harris)98年1月20日(享年74歳)

 

Junk Yard Dog

ジャンクヤード・ドッグ

 シルベスター・リッター(Sylvester Ritter)98年6月2日(享年45歳)

 

Rick Rude

リック・ルード

 リチャード・ルード(Richard Rood)99年4月20日(享年41歳)

 

Owen Hart

オーエン・ハート

 99年5月23日(享年34歳)

 

Gorilla Monsoon

ゴリラ・マンツーン

 ロバート・マルセラ、99年10月6日(享年62歳)

 

Yokozuna

ヨコズナ

 ロドニー・アノアイ、2000年10月23日(享年38歳)

 

The Executioner

ザ・
エクスキューショナー

 テリー・ゴディ、2001年7月16日(享年40歳) 

 

British Bulldog

ブリティッシュ・
ブルドッグ

 デイビー・ボイ・スミス、2002年5月16日(享年39歳)

 

Rocco Rock

ロッコー・ロック

 テッド・ペッティ、2002年9月21日(享年49歳)

 

Mr. Perfect

ミスター・
パーフェクト

 カート・へニング、2003年2月10日(享年44歳)

 

Classy
Freddie Blassie

クラッシー・
フレディ・ブラッシー

 2003年6月2日(享年85歳)

 

Stu Hart

ストゥ・ハート

 2003年10月16日(享年88歳)

 

Hawk

ホーク

 マイケル・へグストランド、2003年10月19日(享年46歳)

 

Crash Holly

クラッシュ・ホーリー

 マイケル・ロックウッド、2003年11月6日(享年34歳)

 

Jack Tunney

ジャック・タニー

 2004年1月24日(享年68歳)

 

Hercules Hernandez

ヘラクレス・ヘルナンデス

 レイモンド・フェルナンデス、2004年3月6日(享年47歳)

 

Big Bossman

ビッグ・ボスマン

88年にプリズンガードギミックでヒールとしてデビュー。アキーム(元ワン・マン・ギャング)とツイン・タワーズというタッグを結成し、ホーガン&サベージのメガ・マニアックスと抗争。解散後、フェイスとなってアキームと抗争し、アキームは徐々にフェイドアウトしたのに対し、ボスマンはフェイスとして大ブレイク。93年にWCWで『ザ・ボス』という名でデビューするが、WWF時のギミックに似すぎと告訴され、ガーディアンエンジェルに改名。べイダーとの抗争後ビッグ・ブバ・ロジャーズとなり次第にnWo入りもするが、ケガをしたら見捨てられたので98年にWWFでヴィンスの直属ボディ・ガード、コーポレーションの一員として活躍。その後もアル・スノーのお友達ペッパー君を料理したり、ビッグショーの父親の生命維持装置を抜いたりと常人離れした悪いことを繰り返し、超神の一番のお気に入りキャラとなる。肩の負傷によりしばらくOVWの教官になるが、バイク事故によって現在セミ引退状態に。04年9月22日レイ・トレーラー(42)。

 

Chirs Candido

クリス・キャンディード

タミー・セィッチ(サニー)と結婚。96年にZIP(トム・プリチャード)と共にSKIPとしてボディドンナーズを結成。
2005年4月28日(享年33歳)

 

Alfred Hayes

アルフレッド・ヘイズ

 ロード・アルフレッド・ヘイズとして若い頃は有名なヒールレスラーとして活躍していたとのことで、
WWFでは80年代、90年代前半にそのイギリス英語で数多くのPPVやテレビ放送で解説を務めた。

2005年7月21日(享年77歳)

 

Eddie Guerrero

エディ・ゲレロ

 メキシコの有名なプロレス一家ゲレロ・ファミリーのゴリー・ゲレロを父に持ち、幼い頃より兄達にプロレスを叩き込まれ、86年にプロデビュー。若手時代は全日本でブラック・タイガーなどというキャラクターを演じさせられた。95年にはECWでTV王者にまでのぼりつめ、WCWに引き抜かれてからはWCWでUS王者をかけて数々の名勝負を繰り広げる。98年になるとエリック・ビショフとの不仲が生じ、ドラッグとアルコールの影響で交通事故に合い、生死の狭間をさまよったが、半年後にnWoのパロディLWOのギミックと共に見事復帰。00年にはベンワ、マレンコ、サターンと共に念願のWWFに移籍しラディカルズとして暴れ回る。ラテンの情熱ラティーノ・ヒートとしてブレイクするが、再びドラッグが原因で一度解雇されるものの2002年にクリーンになって復活し、甥のチャボと共にロス・ゲレロズというコソドロコンビとして再び大ブレイクしNoWayOut 04でとうとうWWE王者にまでなった。1967 - 2005(享年38歳)

 

戻る